2011Summerschool前半②

アメリカ出身の講師によりレッスン。いずれの先生も子ども英語に長く携わっている英語講師で

非常に熱意がある。私が年に数回行うInternationalclassはこの熱意が伝わる先生に

来ていただくことが大前提となる。こどもたちのレベルを見極め臨機応変に対応する。

そのわりには目標達成意識が高いため、こどもたちへ英語を教えるときは絶対手をぬかない

これが大事。それから子どもによって態度を変えないこと子どもの知りたい・聞きたい。を無視しないこと。これが徹底できる講師を「こどもたちの先生」としてきていただく。

「Target」 

*Alphabet
a-z card slam (rake, seal, whale, yarn など新しい単語を知る)
a-z words; put in order

 

*SchoolSupplies  (学校で使うもの。ヒントを得て絵に描く)
eraser, book, bag, notebook, ruler, pencil, scissors, crayon
Pictionary (6 words each artist; or teams drawing at same time)

 

*Face Parts (みんなでひとつの作品つくり)
Teach: eyes, ears, eyebrows, nose, mouth
Kids draw and cut out face parts from paper
Put face parts on face (with mask) game

 

*Go-Together cards x12 (What's go together?関連性のあるカードをマッチングする)
dog⇒bone / moon⇒star / nest⇒bird

 

*Robot(こどもたち大好きゲーム・Robotになるこどもは指示通りに動くこと)
Teach: left, right, forward, back, turn, pick up , put down 
Play robot game with each kid

 

*Go Fish Review numbers 0-12 and colors
Play Go Fish with cards

 

*Body Parts
Teach: head, shoulders, arms, hands, stomach, back, legs, knees, feet
“Touch your ---“ game (+ with kids as leaders)

 

【貸出本一覧】


  http://booklog.jp/users/tomosenglish  

【教室生徒以外参加可】

★英検(準会場)

★オーストラリア留学

★中学英語合宿

★音読クラス

上記は教室生徒以外の方参加可能です。

お問合せください。